読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進捗を出すために重要なことは何かについて考えてみた

この記事はいなふ進捗 Advent Calendar 2016 - Qiita11日目の記事です。

qiita.com

 

そもそもこのAdvent Calendarの記事のコンセプトとして進捗を出す、つまり彼女となる人物を彼が見出す必要があります。そして我々はそのお手伝いをするというスタンスだと僕は勝手に思っています。

なので進捗を生むにはどうすればいいかを考えました。

 

※今回の記事の内容はあくまで僕個人の考えで実際は違う可能性もあるということを留意してくださると嬉しいです

 

彼のいいところというのはenough NOW ON SALE~いなふくんをおすすめする5点~ - 91%日記淡々、途端。に書かれています。この中で書かれている彼のいいところについては、腹立ちますが否定するところはないです。

 

ここで思ったことはこんなに褒められるような人間なのになぜ彼女がいないのか?何か致命的な欠陥があるのではないか?という考えに至りました。個人的なものですが、僕が思いついた考えを述べます。

 

ある一つ大きな疑問

僕の考えとしてそもそもいなふくんは果たして本当に彼女を作る(こういう言い方は僕は好きじゃないですが、)ような気が本気であるのか?ということです。

 

充実しているがゆえに

傍から見ていて感じるのは基本的に彼は楽しそうに日々をすごしています。映像案件などで苦しそうでも本人の心の中では苦しくても楽しいところがあると思います。そして彼は顔が広く、友人とも仲良くやっています。彼が友人と飲んでいるときや遊んでいるときは、それはそれはもう楽しそうです。

 

しかし、そうであるがゆえに彼が本当に好意を持つ人間が現れないとなかなか厳しいです。しかし彼は誰とでも仲良くできてしまうので、もはやそのような感情を抱く間柄、つまりそのような対象に彼が見られることもなければ彼がそう見ることも少ないのではないでしょうか。かといって最初からある程度距離感のある人を好きになるのも一目ぼれ以外では考えにくいです。

 

 

 

 

お付き合いするまで

すごく性格悪く言うとお付き合いするまでには労力がかかります。具体的には自分の時間、どこかへ出かけるならばお金もかかります。さらにまだお互いのことをよくわかっていない状態ならば親しい友人といる時よりも最初は精神的な負荷がかかる可能性もあります。それを厭うことなくできる相手である必要があります。

 

 

相手を見つけることの難しさ

そのような相手をどう見つけるのか、というのはかなり難しいです。というか見つけようとして見つかるとも限らないです。アンテナを張っていく必要がります。アンテナを張るにしても多少の労力を使います。

 

そして距離感の話はよく上がっています。しかし距離感がある人間の場合最初のアプローチを確実にする方法が最初から分かっているわけではありません。多少の不安を抱えることになると思います。

 

では身近な人の場合どうなるのか。身近な人間に対して仮にそういう感情を持ったとしても、実際に動くのはかなり難しいです。そのように動けば当然ある程度のところで噂になります。コミュニティが近れば当然仮に告白が失敗して気まずい感じになったらどうしようなどと考えてしまえば体はなかなか動かないです。そして彼はみんなとワイワイするのがとても好きなので尚更この傾向は強いと考えています。

 

 

という風に恋愛はこのように考えるとリスクが割とたくさんあります。ここで僕といなふくんと共通の友人であるしんさくくん(@lapis_zero09)がいなふくんに言ったことを紹介します。「お前普段すぐ動くのにそういうときだけ動かんのはずっこい(ずるい)ぞ!」

 

 

彼の発言から考えるといなふくんは恋愛に対しては意外と慎重?なのかもしれません。しかし慎重ということはリスクを考えながら動くということです。人間思い切りも重要だと僕は考えています。僕は彼の恋愛事情については詳しくないですが、僕の知る限りでは彼が積極的に動くような印象はあまりありません。(違ったらごめんなさい)

 

 

 

さてここまでの話の中で暗黙の前提となっているのが、彼からアプローチをするということです。ではなぜ僕がそう考えているのかについて述べます。

 

彼からいくべき理由

先ほども述べた通り、彼は顔が広いです。klis14でも一番だと思います。そうであるがゆえに、彼としゃべったことのない人が彼はその人のことを知らなくても噂の力などによりその人は彼のことをある程度はしっているという知り合い度の乖離が起きるケースもあります。そして彼ほど有名人だとある種のプレッシャーがあります。

とのように(若干文脈は違いますが)仮に彼に好意を持っている人間がいたとしても、覚悟がいります。周りからは「え!?!?あのいなふくんの!?!?」というような反応がおそらくたくさんあり、かなり注目される恐れがあります。その中で彼に告白する女性というのは相当彼が好きだと思いますが、現実的にこのようなことが起こる可能性は低いと思います。こちらをご覧ください。

r25.jp

この記事によりますと告白を自分からしたいと答えた女性ははたったの2パーセントでした。やはり女性は告白をされたいと考えるのが妥当かもしれないです。以上の2点から彼から積極的に動くべきだと思います。

 

 

僕の最終的な提案

距離感がある程度の保たれている人がいいと思いますが、人間誰を好きになるかなんてわからないです。結局リスクはつきものです。

 

彼が好意のある人間に対しては、彼から積極的に動くべきだと考えます。そのような間柄になっていくには、動くしかないのです。急に彼女が降ってくることは現実では起こりません。どれだけ彼のスペックが高かろうと、動かないとそれは生かされません。どれだけ能力が高くてもシュートしなければゴールはないです。どれだけ高い成功率を持っていようが分母が0なら虚無です。

 

自らアプローチするというのはとてもリスクを伴いますが、それだけを考えているようでは実際には動けないです。ある意味でリスクを顧みずに脊髄で動く必要があると僕は思います。そしてもし彼が好意を持っている人間からアプローチを受けたら、その人が告白しやすいような受け答えをしていくのも重要だと思います。

 

 

P.S

ぶっちゃけ彼は付き合うまでいってしまえば、非常にいいお付き合いができると僕は思っています。なので、それ以降のことはそんなに心配してないです。